墨東綺譚

511xhusmqal-_sl160_

R15+指定。1879年、良家の長男として生まれ育った荷風は父の意向に反し、早くから文学の道を志した。荷風文学の真髄は女性を描くことで、特に社会の底辺に生きる女性達に目が向けられた。そのため紅燈に親しむことも多く、荷風は文人たちから遊蕩児とみなされた。文壇という特殊世界に入って文士と交わることを嫌い、究極において紳士である荷風は、常に女性から手痛い被害を被る。それは女性に真の愛を求める荷風の人生への探究でもあった。

墨田ユキ、津川雅彦、宮崎淑子、八神康子、佐藤慶、井川比佐志、浜村純、角川博、杉村春子、乙羽信子

※リンクアドレスをコピー&ペースト
openload1/2】【2/2】【mega3x