独立愚連隊西へ

imgres

北支戦線。歩兵第四六三連隊は、八路軍に攻撃を受け、軍旗を抱いて脱出した北原少尉を残し玉砕した。北原の消息は分らなかった。師団本部は、将軍廟の第四六三連隊留守隊長大江大尉に軍旗捜索を命令し、増援隊として現役小隊を派遣した。その小隊は、隊長左文字少尉以下、日本軍隊からは厄介者扱いを受け、危険な戦線ばかりを転戦している独立左文字小隊だった。将軍廟の新米歩哨兵に小川を渡河中敵兵とまちがえられ、裸のままで追い払われた。神谷一等兵は、行万不明となった。裸で兵隊は勤まらぬ。左文字小隊は味方の軍用トラックを襲撃、被服、武器を揃えて将軍廟に入城したが。

加山雄三、佐藤允、堺左千夫、大木正司、中山豊、江原達怡、山本廉、中谷一郎、平田昭彦、久保明、フランキー堺

bilibili.com