極道の紋章 完結編

imgres

日本製作。前崎率いる関西共友会は、福島にも拠点を作り、全国制覇に向けて、さらなる一歩を踏み出した。一方、敵対する関東睦会は、桐生が2代目会長となり、新体制を構築。関西共友会の東北侵攻を阻むため、本橋組と蔵王会の代理戦争を画策する。何とか静観するかにみえた両陣営だが、遂に手打ちを反故にし、関西 VS 関東の抗争が勃発。互いに血で血を洗う壮絶な争いと化していく。そして遂に、前崎に銃口が向けられたとき、津浪はある決断を胸に秘める。侠にとって、代紋を守るとは。

白竜、松田一三、小沢仁志、桑名正博

GyaO