どら平太

imgres

或る小藩、書役たちが未だ出仕しない新任の町奉行について噂話をしている。江戸からくるはずの望月小平太という新任は、ふるまいは不埒を極め、どら平太という異名がついていた。この藩の壕外と呼ばれる一画では、密貿易、売春、賭博、殺傷が横行し、藩の城代家老たちとも長年結託している3人の親分が権力を握っていた。どら平太に与えられた任務は、この全ての腐敗を正すこと。すでに濠外に潜入していたどら平太は、飲む・打つ・買うという独特のやり方で、次第に敵の懐に入り込む。

役所広司、浅野ゆう子、宇崎竜童、片岡鶴太郎、菅原文太、石倉三郎、石橋蓮司、うじきつよし、尾藤イサオ、松重豊、大滝秀治

bilibili.com